大学生の一日

一人暮らし編 1

京都大学 薬学部 2年 森川 知彦くん
(私立東筑紫学園高等学校卒業)

>京都大学生協

趣味はカクテルをつくって、週1回友人に振る舞うこと!

現役で京都大学へいった高校時代の同級生に連れていってもらったバーや、20歳の誕生祝いに高級なバーで、カクテルを飲んで、こんなに美味しい飲み物があるんだ〜って(涙)
友人に飲んでもらって、喜んでもらえるんだったら、こんなに楽しいことはないな〜と思うようになり、今では週1、月曜日の放課後に、友人たちをもてなしています!

Q 一番熱中していることは何ですか?

A テニスです。

週2〜3回放課後に友人たちとテニスを楽しんでいます。 勉強や研究が立て込む中、体力が落ちるのがイヤで、テニスをやっている時間は、めいっぱい体を動かすようにしています!

くつろげるマイルーム

お部屋全体の色をダークブラウンで統一して、落ち着いた空間を意識し、それにプラスしてリラックス効果のある緑色をポイントで入れることで、居心地の良い部屋をつくりました。
また、狭い部屋でありながらも、家具家電を効率よく配置することで、広々とした空間を演出できるようにしています。

SCHEDULE

8:00 授業
この日は一般教養の語学ドイツ語!初級の会話ができるようになるみたい!?
小テストの日でもありました。一斉に、静かに……。

12:00 生協の学食でランチ
この日は、お魚のフライと味噌汁をつけて、ちゃっかり小鉢でひじきとほうれん草を追加しました。

18:00 サークル(生協委員会)
来年入学してくる高校3年生のために、入試の際の誘導や相談会などを開催するための事前運営会議をやっています。

21:00 晩ごはん
ほぼ自炊をしています!結構手早いですよ~

高校生へのアドバイス

まず僕が一番伝えたいことは月並みではありますが、「最後まで自分を信じ続けろ」ということです。受験勉強生活で一番つらいのは勉強しているけど全然成績や判定が伸びないとか、ほんとに自分はこのまま第一志望を受けていいのだろうかと不安になり、それを抱え込んでしまい逆に精神的に参ってしまうことだと思います。

また、受験勉強は孤独だといわれますがそんなことは全然ありません。周りを見れば自分のことを支えてくれる人がたくさんいます。そのような人たちに遠慮せずにどんどん頼っていきましょう。そうすればしんどくて大変な受験勉強も幾分かは楽になるはずです。勉強し続けるのは大変で、たまには少しサボってしまうときもあると思います。でもそんなときに自分を責めないでください。きっとそれは必要な休息です。自分だけ休んでいるわけじゃないって思って気持ちを切り替えて前に進むことが大切です。

 最後にもう一度だけ。ほんとに最後まで自分を信じてください!模試の判定とかは気にせず、頑張ってきた自分の姿を信じて!最後まで自分を信じ第一志望に向かって駆け抜けることのできた人が合格を勝ち取ることができると僕は思います。ほんとに頑張ってください。来年の春に、皆さんが大学生となって学生生活をを楽しみにしています。

一人暮らし編 2

東北大学 文学部 4年 長津 あかねさん
(青森県立八戸高等学校卒業)

>東北大学生協

文学部なのですが…笑 行動科学の研究をやっています!

行動科学自体マイナーな学問分野なのですが、更に数理社会学という、よりマイナーな分野を専攻中です! 個人と社会の関係を数学モデルにより紐解くことを目的としている学問分野です。
文学部の中では、あまり文系らしくないことをやっていて、出会いは、オープンキャンパスで今のゼミの先生に一目ぼれしたからなんです!

Q 一番の楽しみは何ですか?

A 自宅で自炊をして、ゆっくりすることです。

お気に入りのマイルームで、自炊を楽しむことですね。最近はパンづくりに目覚めていて、こたつの上で発酵の工夫などもしながら、楽しんでいます。
自分でおつまみを作って、自宅でお酒なんかをいただくのも、楽しい時間のひとつですね。

狭くても一番リラックスできています!

朝起きるのが弱いことを理由に、立地条件でお部屋探しをしたため、少し狭いマイルームです。
無駄なものを置かず、収納を工夫して空間を作っています。またリラックス効果を意識して、家具の色も落ち着いたもので統一し、形もシンプルです。

SCHEDULE

10:30 授業
この日は、「行動科学演習」 の授業。私の班では、「合コンを通した男女のマッチングにより、未婚化について考える」ことをテーマに分析を開始中!皆さん真剣に考えてレジュメもばっちりなんですよ〜

12:00 ランチ
今日は授業の空きがほとんどないので、大学生協のショップでパンとうーちゃん(ウーロン茶)を購入!次の授業の教室で、友達とおしゃべりしながら、ランチタイム!

17:00
大学生協の新生活サポートセンターでアルバイト

大人の職員との関わりが深くて、企画など一から組み立てられる、有意義なアルバイトです。

20:00 自宅に帰り、夕飯
帰宅途中でお買い物。今日はシチュー☆
「火の用心」のステッカーは、もともとからあったんですよ〜(笑)

高校生へのアドバイス

高校と大学の一番の違いは、身の周りに溢れる様々な価値観の存在だと思います。時にそれらは良い刺激を与えてくれますが、自らの道筋を惑わすこともあります。具体的な自分の理想像が無かった私は、大学生活の2年間で幾度も後悔の残る選択を繰り返しました。

受験勉強は辛かったですが、今考えれば、大学生活、更には将来の生活を送る上でも必要な経験でした。つまり、なりたい自分を明確にし、その為に努力する事自体に価値があったと思うのです。現在そのように努力されている受験生の方は、ぜひそのまま理想を追求してください。

思い返せば、私はそんな受験生ではちっともありませんでした。しかし大学生活も3年目になってようやく、私は自分の生活を変え始められたと思っています。一度立ち止まり、本当は何がしたいのか、何者になりたいのかを考え直すこと。そして何より、自分の選択でもって自分の行動を変えること。直ぐに全てができたわけではありませんし、勇気が要ることもありましたが、決して不可能ではありませんでした。もし私と同じような受験生の方がいましたら、どうぞ、次の問題集に手を延ばす前に、一呼吸置いてみてはいかがでしょうか。応援しています。

大学生活スタート

  • 新生活用品 ショッピングサイトはこちら
  • エリアからお部屋探し
  • 大学名からお部屋探し
  • 大学生協オリジナルマンション