関東・甲信越エリア

保護者コメント

・住まい探しは、合格後からだと、アパートはみつけられますが、引越し業者が、どこもいっぱいになってしまうので、注意した方がよいと思います。 ・新生活用品も、人気のある商品は在庫がなくなってしまうので、早めに購入した方がよいです。

住まい探しにおいては、情報収集を始めたのが遅かったと後悔しています。「合格前予約」という制度があることを知った時には、すでに良い物件はなくなっていました。受験生本人は勉強に集中しているので、親が動くしかない状況で、もう少し早目に情報収集できていれば本人の希望にかなった住まいを見つけられたのかな…と思っています。

住まい探しは個人で不動産会社ですると面倒なことが多いので、生協物件の方が契約なども簡単でいいと思います。

住まいを合格発表後すぐに決めてしまったのが大学生協の住まい紹介を受けてからにすれば良かったと感じました。(仲介料が同じ物件でも大学生協のパンフで見ると¥0だったり、いろいろな不動産業者の物件を見ることができるため)

ひとり暮らしに関して、本人が何もイメージしておらず、親まかせだったことは残念でしたが、親の意見が通りやすく準備がスムーズにできました。本人よりも楽しみながら買い物もしました。忙しさや出費で大変に思いますが、楽しむのが良かったです。

3/23(後期の国公立発表翌日)に進学先私大の住まい探し相談会に行った。まず、ほぼ毎日開催しているのが心強いし、1日で車で6件見せてもらって残り少ない中で選ぶとはいえ、ほぼ納得して決めることができた。

大学周辺の物件探しは、生協と連携している業者の方が親切に対応してくれます。ご区画まで契約を待ってくれる対応をしてくれるのは、うちの場合は生協提携業者だけでした。(大学周辺業者10数社に問合せしましたが)

住む場所など、大学生協の案内により、とても助かりました。特に、後期での合格であったので、日程が非常に厳しい中、すぐに見つけることができました。

学校の会場で紹介していただいたのですが、東京は初めてでとても不安だったのですが、いい物件を紹介していただけました。生協だと安心しておまかせできるので、これからも利用させていただきます。

一人暮らしをされる方は、賃貸契約の時、火災保険や安心サービスなどの契約を求められと思います。私の場合生協で加入していた為、安い掛金ですんだと思います。

お部屋を探した保護者の皆さんの声関東・甲信越エリア

  • 新生活用品 ショッピングサイトはこちら
  • エリアからお部屋探し
  • 大学名からお部屋探し
  • 大学生協オリジナルマンション