北海道エリア

保護者コメント

入学準備やお部屋探しに関する大学生協のサポートについてご意見、ご要望などがありましたらお聞かせください。

住まいは、受験日に、無料で、現地を回るツアーがあり、とても助かった。冊子と違って、現地を見ると、印象が全く違って、見たものの中で選ぶことにした。受験前日と受験日と、2回ツアーに参加すれば良かった。

後期での合格でした。合格の日、当日に遅い時間でも最後まで色々聞いて頂き、住まい決める事が出きたのは本当に安心しました。生協の方も大変だったと思いますが、親として、即、当日に決められたのは本当にありがたいと思います。

進学先が決定してからでも、住まいのことや様々な準備は何とかなるものです。(いざというときは頼れる大学生協さんがついているので安心できます)親は勉強しやすい環境と、費用の準備をしっかりしてやれば大丈夫だと思います。時々の息抜きも認めつつ、のびのび、そして集中できるよう、見守ってあげてください。

合格発表後すぐに大学の住まい紹介会場に行きました。学生スタッフの方がとても親切に、物件選びにつき合ってくれました。物件選びの際のアドマイスもいただき、スムーズに決めることができました。生協加入の手続きに関してもていねいに説明していただきました。

兵庫県在住なので、北海道での受験や住まい探しに対して、不安は大きかったですが、全面的に生協に頼りました。とても心強かったです。対応も親切で、てきぱきとしていて、よかったです。ありがとうございました。

ひとりぐらしの準備には想像以上に費用と労力を要する。年度末、年度初めは他でも忙しいのでスケジュールをしっかりたてた方がよい。(特に後期日程の場合)

受験校が決まってから、色々な大学の生協ホームページを見ました。やはり、合格が決まる前にパンフレットを請求できる方が、情報を早く知ることができ、しっかり準備できた。

後期日程の合格となり、とても忙しかった。前期の情報はしっかり集めていたが、後期は精神的、体力的にもハードで準備が大変でした。学生寮の申し込みも、結果発表も遅いため、住まいが決められず、満足がいく住まいを選べなかった。

住まいさがしについてはホームページが充実し、生協での対応も信頼でき、大変助かりました。特に先輩が実際に住んでいるマンションを紹介して下さり安心感がありました。

入学するにあたり、多額のお金が一度に出る事になります。小さい時から児童手当等を別口座で貯蓄し続けてやりくりして来ました。私大へ2人の娘を入学させ、ひとり暮らしをさせています。高3の時点で一人200万円の貯金を目標に準備して行かないと、これで終わりではなく4年間の仕送りと授業料に親が苦しみます。生まれた時から準備すべきと思っています。もう“なんとかなるさ”の時代ではない事に早く気付いてほしい人がたくさんいますので。

北海道エリアのコープ学生マンション

コープ学生マンションの通学可能な学校や物件数には限りがあります。

お部屋を探した保護者の皆さんの声北海道エリア

  • 新生活用品 ショッピングサイトはこちら
  • エリアからお部屋探し
  • 大学名からお部屋探し
  • 大学生協オリジナルマンション